プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

お酒をわいわい飲むのが大好きで、自分がくつろげる店を作ってしまいました。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2011年12月28日 (水)

23日の酒の会の忘年会(2)

料理リスト

先付け 菜花のおひたし
     干し芋 干し柿

サラダ ぶりとサーモンの握り風
     つま野菜 揚げ素麺 いくら

洋皿  白子のソテー
     北あかり わさび菜 ミニトマト

薩摩赤鶏 きざみ(もも、むね、砂肝、ささみ)
     浅葱 玉ねぎ ポン酢 コーレグース

赤いサムゲタン

ラーメン

あと、2,3品

え~

え~

忘れましたng


ごめんなさいwobbly

2011年8月30日 (火)

27日の酒の会料理

27日参加の皆さま

ありがとうございました。

わいわいの飲み会になってしまいましたが、
それも、また楽しい。

次回は
9月の開店3周年の会で会いましょう!

さて、今回は
秋のお勧め料理からピックアップ。

おつまみ系で行きました。

夏の会
23年8月27日


先付け
茶豆
焼きもの
ゴーヤベーコン巻
つくね
ねぎま串


中皿
汲みあげ豆腐のわさび豆乳

揚げもの
チーズ春巻き

炒め物
トマトと茄子の韓みそ炒め

焼魚盛皿
アユの一夜干し
浅漬けみょうが

夏鍋
赤いサムゲタン

食事
  いつものラーメン

デザート 
  海の塩バニラアイス
ブルーベリー蜜煮

試作の「ジャーダンジョー」も食べていただき、
おほめをいただいたので、
自信を持って、
メニュー化します。

2011年8月11日 (木)

アロウカナ(仙台行2)

青い殻の玉子は「アロウカナ」

南米原種に交配させた品種で

メス100羽にオス8羽の割合で

平飼いという、地面を自由に歩きまわせる飼育方で

抗生物質は使わず、

自前の配合飼料を食べさせる環境で

自然交配で産まれる玉子です。

そのため、3日に一回くらいの産卵で、

黄身の大きい玉子が出来ます。


こんな貴重な玉子を使って、
新メニューを考えながら、
知人に自慢したら、

「宮城の玉子って大丈夫?」の意見

まったく、放射能は罪づくりです。

かつては、
「便りのないのは良い知らせ」でしたが

今や
「情報がないのは、情報隠し?」

あろうかな、いやな時代です。

2010年5月20日 (木)

ミャンマーカレー

ミャンマー女性スタッフにランチのミャンマーカレーを作ってもらいました。

まかないでは何度か手製のミャンマー料理を食べていたので、

安心して任せて作らせましたが、

本人は大プレッシャーのなかで、香辛料の調合から全部手作りで30人分作りました。

予想以上の反応で完売!


来週も別バージョンでミャンマーカレー作ってもらいます。

とりしんの看板メニューに育てたいですね。


さて、

そんな中で、カレー談義。

あるスタッフが

「小熊のカレーって美味しいよね。」

「小熊?」

「知らないよ?」

「テレビでコマーシャルやってるよ。」(断言)

「うう~ん、濃くまろカレーとかはよく見るけどね~」

「あっ!それだ!こくまろ。こぐまのに似てるよね」


2010年4月12日 (月)

4月10日 酒の会 品書き

品書き

先付け せり浸しと昆布〆真鯛

造り  初かつお 妻一式

煮物  竹の子と蕗と若布の焚き合わせ

中付け 行者にんにくと真さばの酢味噌かけ

揚物  チカと蚕豆の天ぷら レモン 塩

焼物皿 金目鯛 一夜干し 谷中生姜

小鉢  竹の子甘皮梅肉 いかわたルイベ

春野菜の蒸し鍋
    
    春キャベツ 新玉ねぎ 新じゃが 根ミツバ
    赤ピーマン 金目鯛あら

食事 奄美あぶらソーメン イタリアン風
    えび トマト

デザート 海の塩バニラ
      金柑芋焼酎蜜煮 松の実

おまけ   竹の子と蕗の葉のキンピラ

4月10日酒の会 お料理品書き

品書き

先付け せり浸しと昆布〆真鯛

造り  初かつお 妻一式

煮物  竹の子と蕗と若布の焚き合わせ

中付け 行者にんにくと真さばの酢味噌かけ

揚物  チカと蚕豆の天ぷら レモン 塩

焼物皿 金目鯛 一夜干し 谷中生姜

小鉢  竹の子甘皮梅肉 いかわたルイベ

春野菜の蒸し鍋
    
    春キャベツ 新玉ねぎ 新じゃが 根ミツバ
    赤ピーマン 金目鯛あら

食事 奄美あぶらソーメン イタリアン風
    えび トマト

デザート 海の塩バニラ
      金柑芋焼酎蜜煮 松の実

2010年3月 2日 (火)

春のコース新メニューアップしました。

更新が遅れてスンません!


料理は美味しく出来ました。

撮影も良くできました。


夕べ気が付いたんですが、

右側頭部が痛い?!

こぶっぽく膨らんでいる感じですが、

ぶつけた記憶がない!!

ちょっと飲みすぎてるかな~


2010年2月 5日 (金)

サムゲタンが出来るまで

寒いですね~

さて、検察が敗れ、

横綱が詰め腹切らされると

波乱の週末ですが、

これをキーワードに

なんとか穴馬券を!

と、さもしい根性です。


さてさて、

ページトップのトピックスから

「サムゲタンが出来るまで」というページに

飛ぶことが出来ます。

撮りためていた画像をまとめました。

手間かけて作っているところを

ぜひ、見てください。

2010年1月20日 (水)

イカ タコ ナンキン ゴマ チーズ

年明けて、まだ気分が、

「新しいことに取りくまなくっちゃ!」モードにあるためか、

新作メニューの試作を連日やってます。


今週から
「ベビーリーフと生ハムのサラダ クリームチーズ添え」と
「甘エビ唐揚げのエビマヨ」を載せました。


字ズラどおり、女性向けメニューです。


年末年始、若い女性がとても多くご来店。

女性向けメニューが足りないな~と思いました。


今日作ったのは

「寒ブリぶつ切り刺身 たっぷりネギポン酢」

まじ旨いです。


以前、バイトのY田嬢から、女性のメニュー選択のキーワードを教えてもらいました。

「イカ タコ ナンキン ゴマ チーズ」


さて、飽きるまでは、

がんばって、作りましょ!


2009年8月27日 (木)

だだちゃ豆

 今週から、「枝豆」から「だだちゃ豆」になりました。
  550円です。
8月しか採れない、山形県鶴岡市の特産品です。

独特な香りと強い甘み、うまみが特徴で、
「まめっ食い」のnobの大好物です。

茹で時間を若干長くして、食感より、食味を出すようにしてます。

「茶豆」ではなく「ちゃ豆」

よく知られてるように、「だだちゃ」は庄内弁の「とうちゃん」だそうで、
「茶」ではありません。

新潟の「茶豆」は鶴岡からもって行って、それなりに改良した近縁種だそうです。
わたしも、「香りに差があるかな」と思ってます。

「とりしん」はご注文を受けてから茹でます。

お時間をいただきますが、茹で上がりの香りのためです。
しばしお待ちください。

自慢の鳥料理・宴会 飯田橋 とりしん のサービス一覧

自慢の鳥料理・宴会 飯田橋 とりしん