プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

お酒をわいわい飲むのが大好きで、自分がくつろげる店を作ってしまいました。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年6月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

27日の酒の会料理

27日参加の皆さま

ありがとうございました。

わいわいの飲み会になってしまいましたが、
それも、また楽しい。

次回は
9月の開店3周年の会で会いましょう!

さて、今回は
秋のお勧め料理からピックアップ。

おつまみ系で行きました。

夏の会
23年8月27日


先付け
茶豆
焼きもの
ゴーヤベーコン巻
つくね
ねぎま串


中皿
汲みあげ豆腐のわさび豆乳

揚げもの
チーズ春巻き

炒め物
トマトと茄子の韓みそ炒め

焼魚盛皿
アユの一夜干し
浅漬けみょうが

夏鍋
赤いサムゲタン

食事
  いつものラーメン

デザート 
  海の塩バニラアイス
ブルーベリー蜜煮

試作の「ジャーダンジョー」も食べていただき、
おほめをいただいたので、
自信を持って、
メニュー化します。

2011年8月25日 (木)

27日のお酒

実験的な酒を用意してもらいました。

先日、伊勢五さん訪問し、社長さんに最近の清酒のレクチュア受けてきました。

その時に興味を持ったのを、今回入れてもらいました。

みなさんの意見がききたいですよ。

まず、だっさいのスパークリング

写楽と亜麻猫

村祐と七ロ万(ななろまん)

亜麻猫はぶったまげの白麹仕込み
焼酎の麹ですよね。
お味は想像以上???


合わせる料理で悩んでます。

2011年8月19日 (金)

8月27日お酒の会のお知らせ

来る

8月27日(土)

17時より

会費5500円(500円は義捐金に募金させていただきます。)

ずっとさぼっていた会ですが、

上記のように開催します。

料理は
この冬のコース用の新メニューと
秋のおすすめ新メニューを用意します。

酒は、

焼酎は3年ぶりの高良さんの「古八幡」

寒梅の乙焼酎

寒梅の特醸酒

清酒は
今週、気になってるのを
仕入れてきます。

ご都合のよろしい方は

どうぞ、ご参加ください。

お電話での連絡お待ちします。

2011年8月17日 (水)

塩釜魚市場(仙台行4)

朝早く着いたので、塩釜の市場に寄りました。

すっかり復旧していて、
品数も豊富、人出も多かったです。

鮮度も良く、安いんだけど、
旅の途中ということで、
日持ちのするものを、購入。

カキ専門店では
岩ガキを剥いてもらって、
朝飯前に、つるり、もぐもぐ。
うまい!

カキ屋さんの看板猫修行中の子猫も歓迎してくれました。

腹も減ってきたので、
うろうろ物色し、
食いしん坊の直感で入ったお店の海鮮丼。

大当たりでした。

タラバガニ、ズワイガニ、ヤリイカ、スルメイカ、アワビ、ツブ、ホッキ、
サイマキ、ボタンエビ、ウニ、イクラ、カツオ、マグロ、シマアジ、サバ、
コハダがびっしり並んでまして、

1500え~ん!!!

伸光さん
ごちそうさまでした。
おかみさんも楽しい人でしたよ。

この後、松島に行って、
遊覧船のって、
焼かきと云うのをたべて、
お土産買って、

松島は、かつて10年くらい前に訪ねたときと変わらずに
沢山人も出ていて、賑わってました。

わたし的には、満腹で、
眠気が出始めて、
写真も撮らずに、
ボーっとしてました。

2011年8月16日 (火)

浅草灯篭流しと浴衣

13日土曜日に浅草に従業員と暑気払いに出かけました。

うちのスタッフの精鋭のミャンマー娘たちも、
この日は浴衣を着せてもらって
美人さんです。

宵いやみにスカイツリーと満月がきれいでした。

リンと読経のなか、灯篭が流されてゆきました。

2011年8月13日 (土)

七夕 (仙台行3)

仙台が七夕を実施するというニュースを聞いて、すぐに仙台在住の友人に宿の手配をお願いしました。

現地にお金を落とすということと、現地から何か仕入れで応援できるルートが出来ないかと思った。

往復はちょっときついかもしれないけど、あえて、車で行きました。

車窓から見える名取市は

壊れたままの家や

片づけられてどこまでも続く荒野

積み上げられたがれきの山

働く重機は家を壊していました。
片づけるためでしょうか

暗い気持ちで市内に入ると
一変して明るく、笑顔の人であふれていました。

つづきは次回

今夜は、ミャンマーのお嬢さんたちに浴衣を着せて、浅草に繰り出します。

2011年8月11日 (木)

アロウカナ(仙台行2)

青い殻の玉子は「アロウカナ」

南米原種に交配させた品種で

メス100羽にオス8羽の割合で

平飼いという、地面を自由に歩きまわせる飼育方で

抗生物質は使わず、

自前の配合飼料を食べさせる環境で

自然交配で産まれる玉子です。

そのため、3日に一回くらいの産卵で、

黄身の大きい玉子が出来ます。


こんな貴重な玉子を使って、
新メニューを考えながら、
知人に自慢したら、

「宮城の玉子って大丈夫?」の意見

まったく、放射能は罪づくりです。

かつては、
「便りのないのは良い知らせ」でしたが

今や
「情報がないのは、情報隠し?」

あろうかな、いやな時代です。

2011年8月 9日 (火)

青い玉子とうこっけいの玉子

仙台に行ってきました。

東北応援といっても、何が出来るのかな?

店で使える食材や仕入れルートはあるかな?

と、仙台在住の旧友に案内をしてもらいました。


あるんです!
しかも、沢山!!

右側が
ナンタラとかいう青い殻の玉子。

左側は
烏骨鶏(うこっけい)の玉子

早速、炊きたてのご飯で

玉子掛けご飯食べ比べ

まず
烏骨鶏(うこっけい)の玉子

カナリアイエローのきれいな玉子です。

食味は見た目に反して濃い~。
ささっと、半膳いただきました。

お茶で、舌を洗ってbleah

次に青い玉子

実に濃厚です。

醤油に染まって、胚が丸く映ってますが、
すべて有精卵ということです。

さて、どういうメニューに仕上げようかな?

ええっと、青い玉子の名前ですが、
次回までに調べておきます。

とりしん のサービス一覧

とりしん