プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

お酒をわいわい飲むのが大好きで、自分がくつろげる店を作ってしまいました。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

富田さん発見!

今朝、ボーっとTV点けて、リモコンでうろうろしてたらたんかん農園の絵が出ました。テレ朝の旅行番組に井筒監督がレポーターで奄美の旅行記でした。見ていたら、居酒屋の場面になり、出された焼酎が「まーらん舟」。
そのうちに六調(沖縄のカチャーシーみたいに唄と三味線と指笛とで手をひらひらする楽しい踊りと理解してます)が始まり、ちらっと、見覚えのある顔を発見!
そうです、左側の一番前の笑顔120%男は龍宮の富田さんでした。
間違えないはずです!!

2009年2月27日 (金)

焼酎大学次回のお知らせ

先日の熱気も冷めぬうちに、次回の予定が出来ました。
4月18日(土曜)に鹿児島のお蔵の名物社長が来訪予定です。
細かい打ち合わせはまだなので、
詳細は追ってお知らせいたします。
期待してくださいね。

2009年2月25日 (水)

元気と笑顔がいっぱいの会でした。

冨田さんを囲む焼酎大学に参加の皆様、ありがとうございました。
皆様のおかげで楽しい会になりました。
冨田さんには「あぶら素麺」「鶏飯」と徳之島の日本一の黒糖を使ったデザートを作っていただき、奄美の地酒と地料理を味あわせていただきました。
どうも、ありがとうございました。
画像は持参した島のうすくち醤油で味付け中の冨田専務です。

富田さんの会は今回限りでなく、夏には、奄美の夏の太陽を運んできていただく約束をしました。
今回参加できなかった皆さん、次回をお楽しみに!

2009年2月23日 (月)

奄美=雨海

数年前に奄美を訪れました。
お世話になっている伊勢五さんのお蔵訪問ツアーに参加して、
「あまみ朝日」の朝日酒造、長雲」の山田酒造、そして、龍宮の「冨田酒造」を蔵見学しました。

ツアーの日程は、沖縄1泊奄美経由2日の強行日程でしたが、私は1日延長して、奄美風情を楽しんで参りました。
初日は好天で、きれいな海の色と深い緑と青い空の南国の太陽を味わいましたが、二日目は朝からびっしりと降られました。

「年間降水量の日本一が屋久島で、年間日照時間が一番少ないのが奄美です。雨の海、雨海、奄美の語源です。」と教えてくれたガイドさんは島の鳥の鳴き声を着信音にしてました。

明日は、奄美の空気を運んで富田さんがいらっしゃいます。
ただ、明日羽田着の冨田さんは、生まれて初めて見る雪を札幌で満喫した帰りになるらしい。
雪の土産話になるかもしれませんね。

2009年2月20日 (金)

改めて、富田さんを囲む会

前回お知らせと同じ内容ですが、
若干空きがあります。
改めてお知らせします。

酒の会の詳細が決まりました。

 2月24日 火曜日
 19時より
 会費5000円

 奄美より、黒糖焼酎の銘酒「龍宮」の冨田酒造の富田さんが
 参加されます。
 
 焼酎作りの現場の話、美味い焼酎の飲み方、などから、
 奄美料理の「鶏飯」「あぶらそうめん」も作っていただきます。
 まさに、島の味を満喫する夜になりそうです。

 定員は20人で満席になり次第締め切ります。
 お申し込み期間は今週の土曜日までです。

 富田酒造はすべてカメしこみの小さな蔵です。
 当然生産量も少ないのですが、
 黒糖焼酎の代表銘柄としては、真っ先に指折り数えられる蔵です。
 
 お申し込みはメール、電話でお願いします。
取り急ぎ、お知らせいたします。
                青木

2009年2月19日 (木)

酒のしくじり

酒で、大臣が辞めさせられました。
酒の失敗話なら、わたくしこそ、数もバリエーションも豊富に在庫しておりますが、今回は、酒で迷惑されたこと。

先日、ぎりぎりの終電に乗り込みました。
東西線の飯田橋駅11時59分です。
「車内清掃のため、停車します。」とアナウンス!
台の上に載った駅員が発車の合図を待機。
終電の乗り継ぎで帰宅するこちらとしては、1秒でも早く出発して欲しい。

やっと発車し、九段下で乗り換え。
小走りで階段を降り始めたら、
上がってきたんです、半蔵門線の最終のお客さん達。

すり抜けすり抜けホームに下りたときは、もう動き出してました。

腹たって、駅員に一発かまそうかと思いましたが、
それより、大手町、千代田線経由で帰れるはずだと、
急いで、東西線に戻り、北千住まで着きました。

東武線ホームには私を待っていたかのように、電車が停車してました。

しかし、雰囲気が違う?

「1時間ほど前に、人身事故で停車中」とのこと。
ぎゅうぎゅうに込み合ってます。

ほどなく、向かい側に、私を置き去りにした半蔵門線が入って着ました。

どうせ待つなら座ってと、空いてる半蔵門線に移動し、発車を待ちました。

「○時○分ころ、××駅で人身事故があり、ただいま停車中です。」
「警察の現場検証中です。」
「ただいま、搬出(!)中です。」
アナウンスも丁寧です。

やっぱり、東武鉄道はえらい!
東西線はだめだね。

でも一番悪いやつは、電車を汚したやつです。
酒を飲んでも、人に迷惑を掛けるな!
なっ!中川君!


2009年2月17日 (火)

十四代入荷しました。

本丸と純米吟醸出羽燦燦が入荷です。
いずれも2月蔵出しです。
本丸は780円
出羽は1200円

2009年2月16日 (月)

東武鉄道は親切です。

昨日、お馬さんから贈り物がありまして、長年の馬飲友K氏を招いてガンガン祝杯を挙げてまいりました。
当てた奴が一番偉い馬券道ですから、昨夜は気持ちよく語らせていただき、気持ちよく酔わせていただきました。
さて、紛失に気が付いたのは帰宅後でした。
ない!ない!ない!
家の電話で掛けたら「リーンリン」
受話器からは聞こえるけど、家の中には気配なし。
携帯の紛失確定です。

朝、記憶をたどってみても、記憶がまだらボケでよく思い出せない。

ダメもとで、ネットで通勤電車の忘れ物係りを探して電話したら、
ありました!

乗換駅に在ったそうです。
さっそく今夜、帰りに取りに行きますけど、
お客様センターのお姉さんも駅のお兄さんも電話の受け答えが大変に親切でした。
酔っ払いの忘れ物なんて、雑用の最たるものでしょうが、
丁寧に対応していただきました。
東武鉄道は親切です。
ありがとう!

2009年2月14日 (土)

市場拡大作戦=逆チョコ

バレンタインデーの普及は、女性からの求愛とは、
「しごく当たり前なのことである」という認識を日本に根付かせました。

もちろん、それ以前にも、下駄箱の手紙攻撃とかありましたが、
「はしたない!」「おしとやかであれ!」と教育された当時の女性にはなかなか勇気のいることでしたでしょう。

しかし、今では死語でしょうが「はしたない」は好い諌めの言葉です。
一昨日、前に座って鏡を見入ってるお嬢さん、前髪の垂れかたが、なかなか納得できないようでした。
すると、前髪をクイっと外して、横向きに付け直し!!!

まさかエクステンションとはびっくり。
でも、はしたないよ、お嬢さん。

さて、逆チョコとやらを売り出そうとチョコ業界が画策しています。
義理チョコが減ってきて、売上げ伸び悩みですから、狙いどころです。
男女に買わせたら、売上げは絶対に上がりますよね。

2009年2月13日 (金)

岩倉さんおエコバッグ

「月の中」の「冬季限定」と「くらら」が入荷しました。
「くらら」は早速お湯割で頂きましたが、気持ちが穏やかになる酒ですね。

一緒に、エコバッグも入荷。
欲しい方には原価250円でお分けします。

友人に、「月の中」を容れて送ってやろうかと思ってしまいます。

「月の中」 「くらら」 グラス 650円です。

それで、画像をつけようとしたのですが、サイズが大きすぎると、ダメが出ました。

う~ん?

自慢の鳥料理・宴会 飯田橋 とりしん のサービス一覧

自慢の鳥料理・宴会 飯田橋 とりしん